メッセージ Messages・セミナー等

2022年10月30日

         この世に流れるキャンセルカルチャーと戦う姿勢
 

 キャンセル・カルチャー(英語: cancel culture)ということばを聞かれたことはありますか?2010年頃から、主にアメリカで始まったムーブメントです。 聖書を信じるクリスチャンも、気づかないうちに、このキャンセルカルチャーの影響を強く受けることがあります。

 キャンセルカルチャーとは「主にソーシャルメディア上で、過去の言動を掘り起こし、それらを理由に対象の人物を追放する、現代における排斥の形態の1つ。 典型的には、芸能人や政治家といった著名人を対象に、過去の犯罪や不祥事、不適切な言動とその記録を掘り起こし、大衆に拡散して炎上を誘って社会的地位を失わせる運動や、それを良しとする風潮を指す。」 (ウィキペディア参照)

 

 聖書のテーマは、回復といやしで満ちています。 ペテロはイエスキリストが十字架に架かられる前、3度も、イエス様を否定(キャンセル)しましたが。イエス様は、復活された後、ペテロの存在を否定(キャンセル)されませんでした。ペテロとの関係が回復され、ペテロは主の使命のために生きるようになりました。

 ヨセフは兄弟からキャンセル(否定)されましたが、父の愛を受けていたヨセフは、自分の存在を否定せず、のちに兄弟を心から赦しました。彼は主の栄光のために用いられました。 ダビデもモーセも、決して完璧な人物ではありませんでしたが、主の栄光のために大きく用いられました。私たちの神は私たちの存在を否定したり、二度と立ち上がれないように追い込まれる神ではなく、悔い改めに導き、生きる希望を与えてくださるお方です。私たちの心の姿勢が、いつも謙虚で主の前に正しい状態であるか、みことばを通して、チェックし、聖霊で満たされて、愛と平安をもって生きていきましょう。

 

 コロサイ3:7ー15 「あなたがたも以前は、そのようなものの中に生き、そのような歩みをしていました。 しかし今は、これらすべてを、すなわち、怒り、憤り、悪意、ののしり、あなたがたの口から出る恥ずべきことばを捨てなさい。互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは古い人をその行いとともに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、それを造られた方のかたちにしたがって新しくされ続け、真の知識に至ります。ですから、あなたがたは神に選ばれた者、聖なる者、愛されている者として、深い慈愛の心、親切、謙遜、柔和、寛容を着なさい。互いに忍耐し合い、だれかがほかの人に不満を抱いたとしても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全です。キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのために、あなたがたも召されて一つのからだとなったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。」

Ⅰコリント10:11-12 「これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。10:12 ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。」